サービス業って色々あるのです

法律サービスのお仕事について

法律サービスは、ふだんなかなか身近に感じることが少ないかもしれませんが、しかし、じっくり見てみると意外に自分に近いものだったりするのかもしれません。
法律サービスに関して、このお仕事について考えていきたいと思います。
法律サービスのお仕事には、弁護士、税理士、行政書士、司法書士などがあります。
まずはじめに、弁護士についてですが、弁護士は、裁判界のスペシャリストと言われており、訴訟手続をはじめとした、法律に関するさまざまなトラブルを解決してゆくお仕事です。
身近なもので言うと、借金の整理や、離婚の調整、相続の処理、というものが挙げられるでしょう。
弁護士になるのには、少し敷居は高いかもしれません。
弁護士は、各弁護士によって、得意分野というものが異なります。
つづいて、税理士についてです。
こちらは、税務のスペシャリストと言われており、税務代理、税務書類の作成、税務相談などをおこなうことがお仕事です。
たとえば、確定申告や、税務調査の立会い、そして財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行や相続手続きなどが挙げられます。
事業者の方にとっては、とても大きな関わりをもつ機会が多いのではないでしょうか。
次に挙げる、行政書士になるための資格登録もいるので、行政書士との兼業者というのも多いです。
そして、つぎに行政書士についてです。
行政書士は、行政手続きのスペシャリストです。
役所に提出する書類の作成や、提出手続代理、契約書などの作成代理などを行います。
たとえば、建設業や産業廃棄物処理業、風俗営業などの許可や、著作権登録、会社設立、相続や遺言、内容証明や契約書の作成、外国人の出入国手続きなどが挙げられます。
司法書士については、登記手続きのスペシャリストであると言えます。
登記や、供託の手続き代理、裁判所や検察庁に提出する書類作成などを行います。
たとえば、不動産の名義変更、会社設立、少額訴訟などがあります。
業務の性質上、金融機関や不動産会社との関係が深いです。